ぺたほめ本気塾のご案内

「ぺたほめ本気塾」とは

●受講対象=小学校3年生までのお子さんをお持ちのお母さん

今や東大、京大より難しいと言われている医学部の合格。

さらに学費の問題も絡んで、国公立の医学部合格はますます狭き門なのです。ちなみに国公立大学医学部の学費が約60万円なのに対して、私立の医学部は1千万円近くかかる学校もざらにあります。もちろん、1年間だけの金額です。そんな高額の私立であっても、医学部ともなると偏差値は京大と同等もしくはそれ以上なのが現実です。

では、そんな厳しい受験情勢の中で、なぜうちの息子たちが京都府立医大医学部に現役合格できたのか!?

それも1人のみならず、2人までもです。ましてや現役合格で。

医学部合格を引き寄せた戦略とは?

息子が2人と京都府立大学の医学部現役合格を成し遂げたは、私の綿密な計画と、要領の良さと、周りの巻きこみかた、そして見えないレールを敷くという戦略があったからです。

ただし、敷いたレールが計画的に見えると子どもは反抗しがちですが、あくまでも見えないレールを敷いてあげることが大切。

中学入試はお母さんの力が9割を占める

中学入試は、お母さん力が9割をしめると言っても過言ではないでしょう。

まずは小学校4年時。
ここで中学受験の塾に「上位入塾」することが必至です。

うちの息子たちは洛星中学高校に通っていましたが、函館ラサールと東大寺学園(洛星より偏差値が上です)全て合格して洛星に行くことが目標でした。結果は、もちろん全クリ!

私が綿密な計画の元に、小学校1年から3年の間にどのような勉強方法をさせたのか。どのように自己肯定感をあげたのか。

まわりの大人たちを上手く巻き込んで、子どもの自信とやる気と、そして全ての成功をどのように手に入れたのか。

それら全てを包み隠さずお話しする、お母さんのための塾が「ぺたほめ本気塾」です。

ぺたほめ本気塾では第一志望の中学合格を確実に!

一方的にお話しするのではなく、お母さんにワークシートをしてもらいながら進めます。

始まる前に1対1でオンラインでお話しさせていただいてお母さんの目標をお伺いし、その後も開催の都度、どのくらい理解してもらっているか、お子さんにどのように取り入れてもらえているかも見させていただいています。

受講後もご希望者は1対1でオンライン、もしくは電話、ラインにて受講後の質問、不安、今後どのように生かしていくかなどの相談をさせていただきます。

中学入試の学習塾に入れたら、皆受かると思ったら大間違いです。皆さんが受かるとしたら、どの中学も今頃パンクしてますよ~(笑)

世間はともかく、ぺたほめ本気塾に通ってくださった皆さんにはまずは確実に第1志望の中学校に行っていただきたいと思っています。

お母さんの力で上手く導いてあげることが、全ての成功につながるのです。

2019年4月開校 ぺたほめ本気塾 第2期 詳細

全12回カリキュラム

第1講 (一番大切)子どもが伸びる環境を母親が作る重要性
マズロー(アメリカの心理学者)の自己実現理論とぺたほめを用いて 

第2講 自信を育てる夏休みの自由研究の取り組み方
「頑張ればできる心」を獲得するために

第3講 学力を伸ばすための母親の最強のかかわり方
公立の小学校学年1位。そして4年の入塾時に上位入塾させるために

第4講 家ではどのような教材を用いてどのように取り組ませればいいのか
入塾時に上位合格できるための算数・国語・理科・社会の取り組み方法

第5講 習い事を10倍効果的にするためのお母さんの介入方法
限りあるお金と時間の有効利用のために

第6講 長所を増やして自信を育てる方法
心理学者フロイト・ユング・マーフィーの理論を用いて

第7講 右脳を育てる重要性
高校の難解な数学を左脳だけで解くのは大変。低学年のうちに右脳を育てる

第8講 プレッシャーに強い心は母親が作る
本番に強い心を獲得するために

第9講 テレビ・ゲーム・スマホ・携帯の付き合い方
禁止派?賛成派?どちらがいいのか?塾に行くようになると携帯も必要。

第10講 賢い頭と絆を深める食の大切さ
受験失敗者「お母さんのお弁当は食べたくない」?

第11講 やる気につながる目標設定の作り方
目的設定をするにも親子の絆が重要 

第12講 成功する中学受験の塾選びと塾でのわが子の伸ばし方
中学受験に成功するコツは、塾選びと親のかかわり方が重要! 

※12講全て終了後には、修了証をお渡しします。

ぺたほめ本気塾 第2期 受講料および受講特典

 

受講特典

各講義内容のライン相談は何度も受け付けます。
各講義前および受講後にオンライン、もしくは電話にて
ご希望者は相談させていただきます。

 

受講料

〇ぺたほめ本気塾 通常コース(1年間で12回開催)= 248,000円

お申し込みは下記のボタンをクリック↓↓↓

ぺたほめ本気塾 お申込みフォーム 

お問い合わせだけの方は下記ボタンからどうぞ ↓↓↓

お問い合わせフォームはこちら

 

ぺたほめ無料メール講座のお申込み

メール講座の購読申し込みはこちら
上のバナーをクリック